ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ITエンジニアのお仕事&キャリア

『システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』レビュー 【RULE30】社内合意していないRFPは無意味

ITエンジニアのお仕事&キャリア

出版記念インタビューの記事※でご紹介した、ソルクシーズグループのITコンサルタントが執筆した【ユーザー企業側からみたITプロジェクトのノウハウ本】を編集部でも読んでみました。
編集部Bossに「目次※を見て“これは!”っていう項(RULE)を選んで!」とお願いし、選ばれたRULEを編集長である私:れいが読んで紹介しています。
※目次は、インフィニットコンサルティングの書籍紹介ページでご覧いただけます。
出版記念インタビューの記事はこちらでお読みください。
※『システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』出版記念インタビュー(20170411)【前編】
※『システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』出版記念インタビュー(20170411)【後編】
IFC本表紙
今回Bossが選んだRULEはコレ。
● RULE30 社内合意していないRFPは無意味

RFPとは、Request For Proposalの略で、システムユーザーから(システム開発を行う)ベンダーに出す「提案依頼書」のことです。
この項では、ユーザー企業の社長・部長が集まる会議で、システム稼動直前報告を行ったベンダーが「思っていたシステムと違うので、一度プロジェクトは白紙にする!」と言われるシーンが登場します。
きっとその場は凍りつくでしょうね。私がベンダーのメンバーだったら、その会議に同席したくはありません。。。
そんな地獄を避けるために「RFPの社内レビュー」を著者は提案しています。
RFPのうち、経営層には「システムの導入目的」「期待する効果」、現場担当者には「業務フロー」や「機能一覧」をレビューしてもらいます。RFPのサンプルは「株式会社インフィニットコンサルティング」のサイトからダウンロードすることができます。⇒ダウンロードページ
社内レビューには手間も時間もかかります。関係者全部にレビューしてもらうのを面倒に思ってしまうこともあるでしょう。
しかし、“社内合意が不十分”なまま完成したシステムで、稼動直前に冒頭のような“手のひら返し”が行われることを考えたら、レビューの苦労など何でもありません。
関係者レビューをないがしろにしたまま、プロジェクトを進めていませんか?
ライン パール
(関連記事)
RULE02 ITプロジェクトは人選が運命を決める
RULE05 企画がダメだとすべてダメになる
RULE57 管理者も仕様から逃げない
RULE73 その遅延は本当にベンダーのせいか
ライン パール
『情シス・IT担当者[必携] システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』(技術評論社) 4月11日 発売
●本に関する詳しい情報、およびご購入方法は「株式会社インフィニットコンサルティング」の書籍紹介ページでご確認いただけます。

タイトルとURLをコピーしました