ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ITエンジニアのお仕事&キャリア

『システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』レビュー 【RULE05】企画がダメだとすべてダメになる

ITエンジニアのお仕事&キャリア

出版記念インタビューの記事※でご紹介した、ソルクシーズグループのITコンサルタントが執筆した【ユーザー企業側からみたITプロジェクトのノウハウ本】を編集部でも読んでみました。
編集部Bossに「目次※を見て“これは!”っていう項(RULE)を選んで!」とお願いし、選ばれたRULEを編集長である私:れいが読んで紹介しています。
※目次は、インフィニットコンサルティングの書籍紹介ページでご覧いただけます。
出版記念インタビューの記事はこちらでお読みください。
※『システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』出版記念インタビュー(20170411)【前編】
※『システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』出版記念インタビュー(20170411)【後編】
IFC本表紙
今回Bossが選んだRULEはコレ。
● RULE05 企画がダメだとすべてダメになる

この項では「スケジュールが一度も遅れることがなく」「当初予算を超過することなく」本番稼動を迎えた“夢のような”プロジェクトの例が紹介されています。
しかし、このプロジェクトの問題は、本番稼動半年後に発覚します。
「企画時の目標:売上げ2倍アップ、が達成できない。それどころか売上げが下がっている!」
企画時に描いた「理想のシステムの姿」を実現することが、システム導入以前にはできていた業務を阻害し、売上が下がり・経費が増える、いう結果を招いていました。
具体的には「見える化」も目標のひとつとしたために、日報入力などに時間がとられ、顧客との商談時間が減ってしまったのです。
企画書が承認され、プロジェクトが始まると、スケジュール管理や予算調整で忙しくなり「この企画書で本当にいいんだろうか」と見直す余裕もなく、破綻に突っ走っていくのみです。
では、企画書作成ではどんなことを明確にすればいいのでしょう?それは「RULE06 企画書の目次はこう作る」で紹介しているので、この記事を読んでいる方には特別にちょっとお教えしますね。
【企画書の目次例】
1. システム再構築の範囲
2. 現状の課題
3. (システム導入に至った)背景
4. 目的と期待する効果
5. システム再構築の方針
6. 要求仕様一覧
7. プロジェクト体制図
8. 導入スケジュール
さらに詳しい説明は、ぜひ本書でご確認ください。
経営会議で承認を通すために“立派な”企画書を作っていませんか?
ライン パール
(関連記事)
RULE02 ITプロジェクトは人選が運命を決める
RULE30 社内合意していないRFPは無意味
RULE57 管理者も仕様から逃げない
RULE73 その遅延は本当にベンダーのせいか
ライン パール
『情シス・IT担当者[必携] システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』(技術評論社) 4月11日 発売
●本に関する詳しい情報、およびご購入方法は「株式会社インフィニットコンサルティング」の書籍紹介ページでご確認いただけます。

タイトルとURLをコピーしました