DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

ソルクシーズがめざす未来

冬の開催スタート!「ソルクシーズの仕事体験」参加者の生声を一挙紹介!

就活生向けにソルクシーズが2月に開催する「1day・C言語プログラミング体験」は、システムエンジニアが実際に現場で行う仕事を体験できる貴重なインターンシッププログラム!夏の仕事体験に参加した学生の声を交え、どんな取り組みなのかを詳しくご紹介します。

2022年を総括!ソルクシーズグループの10大トピックス【後編】

ソルクシーズの2022年10大トピックスを紹介するシリーズの第2回。【後編】では、「N-LINEの契約数300校」「電子帳簿保存法オプション」「Eureka Boxアカデミックパック」「eek(イーク)」「WinActor」の5つのトピックスについて解説していきます。

2022年を総括!ソルクシーズグループの10大トピックス【前編】

「未経験採用」「DX領域の新たな協業」「副業・兼業制度の導入」「いまイルモの介護施設における実証実験」など、2022年の「ソルクシーズの10大トピックス」を【前編】【後編】の2回にわたり総括します。

「デジタル人材イノベーションチャレンジ2022(決勝大会)」(2022/11/18)

デジタル社会を牽引する人材の育成を目的とした、デジタルを活用したビジネス・ソリューション創出コンテスト「デジタル人材イノベーションチャレンジ2022(決勝大会)」の様子をレポートします。4年目のチャレンジで「決勝進出」という目標を達成したソルクシーズのチームが「入賞」を狙います!はたして結果は?

今年も参加!デジタル人材イノベーションチャレンジ③

ソルクシーズグループから5チームが参加した「デジタル人材イノベーションチャレンジ」。連載3回目は、「優勝は譲れないと思っていた」という「江戸前男闘呼組」のTさんのお話をはじめとして、二次予選を通過できなかったチームにも今回の取り組みを振り返ってもらいました。

今年も参加!デジタル人材イノベーションチャレンジ②

ソルクシーズグループから、毎年いくつかのチームが参加している「デジタル人材イノベーションチャレンジ」。第2回は、ビジネス提案の結果発表編。ソルクシーズグループから参加したチームは、ファイナリストプレゼンテーションに進出できたのでしょうか?

今年も参加!デジタル人材イノベーションチャレンジ①

「イノベーションチャレンジ 」は、「IoT」「DX」「デジタル人材」と、冠するワードを変えながら続いてきた、デジタル人材育成を目的としたコンテスト。プラチナスポンサーのソルクシーズグループからは、5チームが参加しました。取り組み紹介レポート第1回めは、ソルクシーズの社員と大学生で構成された産学連携チーム「H2K Innovation」です。

新技術活用と人材育成に注力 ソルクシーズのサステナビリティ

「FinTech」「クラウド」「AI」「IoT」「CASE」などの技術を駆使したDXソリューションで、経済・社会・環境の課題解決に貢献し、持続可能な社会の実現取り組むソルクシーズ。SDGsにおいては、「質の高い教育をみんなに」「産業と技術革新の基礎をつくろう」を重点取り組み目標に設定しています。

DX、FinTech、IoT…ソルクシーズの現状と強み【後編】

ソルクシーズグループが強みとするDX支援についてレポートするシリーズ。金融DX編に続き、後編ではグループ企業がサポートしている自動車業界や製造業界におけるサービスについて解説します。組み込みソフトウェア、Iotを活用した監視や予知保全、システム制御などさまざまなソリューション展開を見てみましょう。

DX、FinTech、IoT…ソルクシーズの現状と強み【前編】

DX推進を掲げ「ソフトウェア開発」「コンサルティング」「ソリューション」という3つの領域を軸として事業を展開しているソルクシーズ。提供しているサービスと得意分野、今後注力していく領域についてレポートします。前編は、とりわけ活発化している金融DXの話題です。
タイトルとURLをコピーしました