DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

#fintech

ソルクシーズのエキスパートに聞く「BNPLサービスの現状と導入事例」

キャッシュレス決済後進国の日本ですが、独自のBNPL(Buy Now Pay Later)を導入する企業は増えているそうです。クレジット事業の需要が高まる最中、ソルクシーズでBNPLおよびクレジット事業立ち上げのコンサルティングを手掛けるHさんがその必要性や今後の展望を語ります。

ソルクシーズのソリューション事例集③BNPL

BNPL(後払いサービス)が日本でも浸透し始めています。手数料や金利がかからず、クレジットカードを持っていない若年層の利用が伸び始め、導入を検討する企業が増加。コロナの巣ごもり需要もあって発展してきたBNPLをシステム開発的な観点から解説します。

証券・銀行・カード会社のDXを推進。ソルクシーズ×キンドリルの協業がスタート!

2022年2月、ソルクシーズはキンドリルジャパン株式会社との協業を開始しました。キンドリルは、複雑な情報システムを設計・構築・管理するITインフラプロバイダー。ソルクシーズの強みであるシステム受託開発を中心としたソリューション技術との組み合わせにより、新たなビジネスモデルの創出をめざします。

2022年はどうなる?fintechの最新トレンド【後編】

金融業界の中でも注目が高まっているfintechの技術やサービスについて、前後編で紹介するシリーズ。後編ではキャッシュレス経済や仮想通貨、クラウドファンディング、SDGsの関連分野といった従来のインフラに縛られないfintech技術についてご紹介します。

2022年はどうなるfintechの最新トレンド【前編】

環境変化の著しい金融業界で注目が高まるfintech。地銀再編や異業種からの参入といった、金融業界の最新トピックスや、今後fintech領域で進化していくと思われる技術やサービスを前後編の2回に分けレポートします。

ソルクシーズのソリューション事例集②杯王(カップオウ)

ソルクシーズの商品・サービスの顧客評価や導入事例をレポートする「ソリューション事例集」第2弾。今回は個別クレジット関連業務における必須機能を完備した「杯王(カップオウ)」をクローズアップし、特徴や強みをご紹介します。

2022保存版・ソルクシーズグループの ソリューションカタログ【パッケージ編】

さまざまなソリューションを4回で網羅的に紹介するシリーズ最終回は、汎用業務・金融系・組込み系パッケージ。いずれも事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することで、業務効率化・生産性向上を実現するソリューションです。

杯王(カップオウ)がエクサとfintech領域で協業!

2021年12月、ITサービス会社「株式会社エクサ」との協業で「個別クレジット事業者向け統合プラットフォーム」の提供を開始したソルクシーズ。消費者・事業者ともに個別クレジット事業のニーズが高まる昨今、2社の連携による新たなソリューションの特徴や強みを詳しく紹介していきます。

個別クレジットからfintechまで ソルクシーズグループのウェビナー最新トピックス

サステナブルな成長に向けて、「ストックビジネス」と「SIビジネス」の両輪を展開するソルクシーズ。ソルクシーズが注力している取り組みを紹介したうえで、自社の強みを活かしたウェビナーのプログラムや担当者の声をレポートします。

ソルクシーズの歴史発見②「ネーミング史」

ソルクシーズの足跡を多様なテーマから紹介する歴史発見シリーズ。前回のロボット史に続き、なるほど感満載の「ネーミング史」をお届けします。過去の商品・サービスの秀逸なネーミング、こめられた思いを振り返ってみましょう!
タイトルとURLをコピーしました