DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

ソルクシーズナウ

eスポーツ業界に多様な人材を! eekが立ち上げたマッチングサイト「イーク」とは?

2023年9月の第19回アジア競技大会の新種目にも採用されたeスポーツ。世界中でeスポーツの人気が高まる中、今年7月にソルクシーズの連結子会社としてスタートした「株式会社eek」が立ち上げたeスポーツ人材と組織をつなぐサーチ型マッチングサイトをご紹介します。

「電子帳簿保存法オプション」の導入がスムーズに!Fleekdriveが2つのJIIMA認証を取得

電子帳簿保存法改正で、企業は効率的な電子データの保存・管理が可能になりました。ソルクシーズが提供する企業向けオンラインストレージ「Fleekdrive 」は、電子帳簿保存法の要件を満たす製品を認証するJIIMA認証を取得、より安心し便利に利用できるサービスを目指しています。

ソフトウェアエンジニアの育成に活用できる!エクスモーションの「EBSS」に注目

ソフトウェア開発に携わるエンジニア向け「超実践的オンライン学習プラットフォーム」の「ユーリカボックス」。2022年10月には、エンジニアの育成ロードマップ策定に役立つフレームワーク「EBSS(Eureka Box Skill Standard)」をリリースしました。

新技術活用と人材育成に注力 ソルクシーズのサステナビリティ

「FinTech」「クラウド」「AI」「IoT」「CASE」などの技術を駆使したDXソリューションで、経済・社会・環境の課題解決に貢献し、持続可能な社会の実現取り組むソルクシーズ。SDGsにおいては、「質の高い教育をみんなに」「産業と技術革新の基礎をつくろう」を重点取り組み目標に設定しています。

営業、経理、動画…Fleekdriveの各種サービス連携

堅牢なセキュリティと充実の管理機能、使いやすいインターフェースが特徴の企業向けオンラインストレージ「Fleekdrive」はさまざまなプラットフォームやサービスと連携しています。連携のスタイルは主に2つ。実際の活用事例を交え具体的に解説します。

DX、FinTech、IoT…ソルクシーズの現状と強み【後編】

ソルクシーズグループが強みとするDX支援についてレポートするシリーズ。金融DX編に続き、後編ではグループ企業がサポートしている自動車業界や製造業界におけるサービスについて解説します。組み込みソフトウェア、Iotを活用した監視や予知保全、システム制御などさまざまなソリューション展開を見てみましょう。

DX、FinTech、IoT…ソルクシーズの現状と強み【前編】

DX推進を掲げ「ソフトウェア開発」「コンサルティング」「ソリューション」という3つの領域を軸として事業を展開しているソルクシーズ。提供しているサービスと得意分野、今後注力していく領域についてレポートします。前編は、とりわけ活発化している金融DXの話題です。

ソルクシーズのSIサービス事例 ①UiPathを活用したテスト自動化

ソルクシーズがSI(システムインテグレーション)サービスにおいて、お客様の課題解決に貢献したさまざまな事例をシリーズでご紹介していきます。第1回のテーマは、「テストの自動化」。お客様は証券関連の企業で、テストの対象範囲は、ソルクシーズが一から開発し、保守しているシステムのミドルウェアのバージョンアップでした。

手厚い導入支援と活用推進が好評!Fleekdriveのカスタマーサポート【後編】

オンラインストレージ「Fleekdrive」は、手厚い有償カスタマーサポートが人気。問い合わせへの初期対応が最大8営業時間、電話や同報メールサポートなど、ビジネス上の「今すぐ知りたい」に対応しています。機能をフル活用していただくためのサポート体制をご紹介しましょう。

手厚い導入支援と活用推進が好評!Fleekdriveのカスタマーサポート【前編】

企業のファイル共有をスムーズにするオンラインストレージ「Fleekdrive」。テレワークやリモートワークの心強い味方であるFleekdriveですが、大きな特徴の一つが充実したカスタマーサポートです。サポートメンバーに導入支援、問い合わせ対応、活用推進について聞きました。
タイトルとURLをコピーしました