DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

新着コンテンツ

ソルクシーズグループが取り組むDX推進の今 ②特定業界のDXサポート

ソルクシーズのDX推進を3回でレポートするシリーズ。第2回は自動車教習所のサービス改善、業務改革を支援するノイマン、自動車関連の組込みソフトウェア開発を扱うエクスモーションといったグループ企業が展開する特定業界向けのサービスを紹介します。

ソルクシーズグループが取り組むDX推進の今 ①金融業界向けサービス

2021年「デジタルトランスフォーメーションで日本のビジネスを導く」をモットーにかかげ、新たな商品・サービス開発と人材育成に取り組んできたソルクシーズ。全3回のシリーズで最新のDX推進トピックスをご紹介します。第1回のテーマは、金融業界向けのDX関連サービスです。

仮想通貨・トークンだけじゃない!広がり続けるブロックチェーンマーケット2022

仮想通貨で賑わいを見せたりオワコン説が流れたりと、IT業界で度々話題となるブロックチェーン技術。最近さまざまな業界・サービスで活用の場が広がっています。NFTや行政との関わりなど、ブロックチェーンの最新トレンドやマーケットを紹介します。

「Kebbi Air×いまイルモ」で実現する世界

ソルクシーズが提供する見守り支援システム「いまイルモ」がコミュニケーションロボット「Kebbi Air」と連携。2022年春から、介護施設の新たな見守りシステムとしての実証実験をスタートしました。それぞれの概要に加え、2つのサービスの合体によって実現した新たなサービスの概要についてご紹介します。

介護DXの現状と「いまイルモ」が果たす役割

少子化による労働人口減少や経営状況の悪化によって近年人手不足が深刻化しつつある介護業界。そんな介護サービスの業務効率化やサービス品質改善に一役買う「いまイルモ」の役割について詳しくご紹介します。

2022年はどうなる?fintechの最新トレンド【後編】

金融業界の中でも注目が高まっているfintechの技術やサービスについて、前後編で紹介するシリーズ。後編ではキャッシュレス経済や仮想通貨、クラウドファンディング、SDGsの関連分野といった従来のインフラに縛られないfintech技術についてご紹介します。

2022年はどうなるfintechの最新トレンド【前編】

環境変化の著しい金融業界で注目が高まるfintech。地銀再編や異業種からの参入といった、金融業界の最新トピックスや、今後fintech領域で進化していくと思われる技術やサービスを前後編の2回に分けレポートします。

第32回 Japan IT Week【春】(2022/04/06-08)

2022年4月6日から8日に開催された、第32回 Japan IT Week【春】のレポートをお届けします。ソルクシーズグループから出展した「株式会社エクスモーション」のブースと、注目度の高かった「メタバース特設コーナー」から株式会社シャノンのブースを紹介しています。

激動の金融業界に新しい価値を!エフ・エフ・ソルの事業&サービス最新レポート

銀行の勘定系パッケージや、金融機関向けのシステム開発・サポートを強みとする株式会社エフ・エフ・ソル。順調に業績を伸ばしながら、変化する金融業界の動きに対応しています。今後の取り組みや、欲しい人材について菅野英彦社長に聞きました。

プライム市場をめざすソルクシーズの注力ソリューション

2022年4月より、東京証券取引所の市場区分が変わり、プライム市場・スタンダード市場・グロース市場の3つに再編成されました。ソルクシーズはプライム市場を選択し、計画書を提出する事でプライム市場の銘柄として移行しました。この記事では、上場維持基準をクリアすべく明確にされた、今後さらなる強化を推進するサービスやソリューションについてレポートします。
タイトルとURLをコピーしました