DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

ITトレンドレポート

進化するAI音声認識・技術&サービスまとめ

2023年度の市場規模は1000億円を超えると予測されているホットな技術、「AI音声認識」。「音響分析」「音響モデル」「言語モデル」の3つの技術に分け、AI音声認識の現状と、ソルクシーズにおける具体的な活用例も含めてご紹介します。

キャッシュレス、モバイル、DXが成長 FinTech8領域の最新トピックス【後編】

注目度が高く、ソルクシーズの得意領域であるFinTechの最新トピックス。8つの領域について【前編】【後編】で解説しています。後編では「資金調達」「キャッシュレス決済」「仮想通貨」「ブロックチェーン」の4領域の最新動向を紹介します。

キャッシュレス、モバイル、DXが成長 FinTech8領域の最新トピックス【前編】

2025年には12兆円に達する見通しのFinTech市場。前後編の2回にわけ、注目度の高い8領域にフォーカスして最新トピックスをレポートします。前編では、個人資産管理(PFM)、投資支援、InsurTech、企業の会計・経営支援の4領域をとりあげます。

LCP・FID・CLS…Googleが推進する「コアウェブバイタル」とは?

ユーザーエクスペリエンス(UX)を高めるためにGoogleが推進する指標「コアウェブバイタル」。Webページの検索順位にも大きく関係します。コアウェブバイタルの3つの重要指標「LCP」「FID」「CLS」とGoogleの検索アルゴリズムについて解説します。

あなたは何個いえる?増え続ける「X-Tech」の領域&事例解説【後編】

さまざまな技術とテクノロジーを組み合わせることで、新たな価値を開拓し続けるX-Techについて前後編で解説するシリーズ。後編も住居環境を最適化するHome Techや健康寿命を伸ばすHealth Techなどさまざまな○○Techを紹介していきます。

あなたは何個いえる?増え続ける「X-Tech」の領域&事例解説【前編】

IT分野でよく耳にするようになった「〇〇Tech」。領域の名称との組み合わせで、新たな価値・仕組みを創出する「X-Tech(クロステック)」について、さまざまな具体例を前後編で解説します。Mar Tech、Ad Tech、Sales Tech…あなたはいくつご存じですか?

CYOD、BYOD、BYAD、COBO、COPE…「シャドーIT対策」の略語事典【後編】

会社が管理できないツールやデバイスなどを業務に用いるシャドーIT、対策のための用語を前後編に分けて解説するシリーズ。前編ではモバイルの配備・管理の考え方について紹介しましたが、続く後編では監視や統合管理といった切り口のEMM、MDM、MAM、MCMについて説明します。

CYOD、BYOD、BYAD、COBO、COPE…「シャドーIT対策」の略語事典【前編】

企業でシステム部門の許可なく、部門や個人単位で用いられるITツールやクラウドを意味する「シャドーIT」。セキュリティリスクがあるものの、テレワークやチャット・SNSの利用拡大は業務効率を高めているのも実情です。デバイスの配備・管理をどのように行うか、略語解説をしながら対策方法をご紹介します。

セカンドライフとナニが違う!? バズるか?コケるか?メタバース!

注目度上昇中の「メタバース」。アバターを操作して楽しむインターネット上の仮想空間とそこに付随するサービスを指し、近年大企業も投資を始めています。なぜ今メタバースがブームになっているのか、過去の類似サービスをひもときつつ時代背景や経緯などを詳しく解説します。

IoTやモバイルの進化でニーズが高まる 「クラウドのエッジ化」のメリット【後編】

クラウドのエッジ化がもたらすメリット、前編ではパフォーマンスの向上について解説しました。また、EUのGDPRといったデータローカライゼイション規制の拡大や、ITインフラの環境差などに対応できるのも魅力のひとつ。後編では、コンプライアンスの確保、システムの一元管理などの導入メリットを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました