DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

ソルクシーズがめざす未来

実は低離職率、残業は減少、学習環境充実… ソルクシーズの働きやすさをチェック!

おすすめ ソルクシーズがめざす未来

すべての社員が快適に、長く働き続けられる環境をめざしているソルクシーズ。3年後離職率9.6%・平均勤続年数15年と定着率が高く、長く働いているエンジニアが多い会社です。近年もさまざまな取り組みや変革を実施し、働きやすさの向上を推進しています。

今回はそんなソルクシーズの「働きやすさをチェック!」と題して、働きやすい環境づくりに向けた具体的な取り組みを紹介。ソルクシーズの職場環境・労働環境について知りたい方は、ぜひ最後までご一読ください。

最初に紹介するのは、快適に仕事をしていくうえで欠かせないオフィス環境です。JR田町駅から徒歩1分のソルクシーズ本社は、ワンフロアの開放的なオープン空間に、デスク席、カウンター席、ソファ席など多様なワークスペースを設置しています。

フリーアドレス制を取り入れているため、好きな席を選んで仕事ができたり、他部署の社員との交流も生まれたり、と「過ごしやすいオフィス」と好評です。

ソルクシーズでは長時間労働の削減にも取り組んでいます。民間の調査によるシステムエンジニアの年間平均残業時間「32.8時間」に対して、2021年度のソルクシーズの残業時間は「11.1時間」。1年めの社員はさらに短く「0.4時間」でした。

もともと採用していたフレックス制に加えて、コロナ禍以降はテレワークも導入しており、ワーク・ライフ・バランスを整えやすい会社です。

これらの取り組みによって、社員が自由に活用できる時間が増えたことから、2022年には副業・兼業を解禁しました。副業を通して社内ではできない経験・技術を獲得することが、会社と社員の双方のプラスになると考えています。IT以外の領域で副業を始めた社員もおり、生き方・働き方の多様化が進んでいます。

学習環境が充実しており、知識・スキルの向上をめざせるのもソルクシーズの特徴のひとつです。新入社員に対する研修・指導に注力しており、内定者研修、入社時研修、配属後のマン・ツー・マンでのOJTなど、文系・未経験の方も早期に活躍できる体制が整っています。

Solxyz Academy(ソルクシーズアカデミー)」は、社員の学習ニーズが高い技術・ノウハウを幅広くカバーしたeラーニングシステムです。Java・RPA・Salesforce・AWS・Azure・モバイルアプリ開発など、実践的なプログラムを用意しており、自分のペースでスキルアップをめざせます。

さらに2022年からは、6,000以上の学習コンテンツがそろっているライブ動画学習サービス「Schoo」をグループ社員全体に無料開放。DX・AI・ビジネススキル・英語など、新しいスキルの習得に興味をもつきっかけを提供することで、若手・中堅社員のスキルアップを促進しています。

事業・サービスに直結する最新技術に関しては、社員主催の勉強会が催されるなど、学習意欲の高いメンバーが多く、スキルアップしやすい環境といえるでしょう。

年金や株式給付信託をはじめとする資産形成支援、団体長期障害所得補償保険、3大疾病保険金制度、永年勤続表彰・資格取得報奨金、各種ライフサポート・部活動など、福利厚生も充実。システムエンジニアとしての成長だけでなく、多様なライフステージに応じたサポート制度も整備しています。

「長く働ける会社でキャリアアップしたい」「システムエンジニアとして成長できる環境に身を置きたい」とお考えの方は、ソルクシーズの採用サイトをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました