ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ソルクシーズの製品・サービス

見守りサービス徹底比較!「ちゃんと・優しく」なら「いまイルモ」がおすすめ③

ソルクシーズの製品・サービス

さまざまな見守りサービスの仕組みとメリット・デメリットを紹介するシリーズ、第3回は「センサー設置型サービス」です。

トイレや寝室、リビングなど、見守られる方がよく使う部屋にセンサーを設置し、感知した情報が見守者に送信されるサービスですが、このシステムのメリットは、以下の2点です。

・駆けつけサービスのような「何かあったときの備え」ではなく、異変が起こる前にセンサーを通じて状況を把握できる
・見守られている側に、スマホを使ったりボタンを押したりする手間をかけさせないのでストレスが少ない

いまイルモイメージ6

「ストレスを最小限に抑えながら、多様な情報をキャッチできるサービス」というわけです。

ただし、センサー設置型といってもサービス内容は千差万別。「一定時間反応がない場合のみメールで知らせる」など異常を報告するだけのものから、温度や湿度、在室状況がリアルタイムでわかるものまで、情報の受け取り方はサービスによって大きく変わります。

また、設置場所も「ベッドのみ・トイレのみ」という単一のサービスと、複数個所におけるものがあり、後者のほうがより状況を把握できます。

センサーではなく、監視カメラの情報をタブレットなどに送信するものや、異常を検知した際に警報音や回転灯で知らせるサービスもあります。

いろいろあって、どれがいいのかわからなくなりそうですが、「見守られる方に優しい」のは、どんなサービスでしょうか。

株式会社ソルクシーズの【いまイルモ】は、安心・安全で、ストレスなくいつも通りに暮らせることを大事にした見守りサービスです。

 

いまイルモ画面

・高性能の人感センサーを使用。カメラのように監視されている感覚がなく、プライバシーを守れる
・在室状況だけでなく、温度、湿度、明るさも計測できるので、暮らしぶりがわかる
・高齢者がスマホやタブレットなどで何かをする必要がなく、ストレスがない
・複数個所にセンサーを設置可能。生活サイクルが把握できるので異変に気づきやすい
・特別な工事が必要ないので始めやすい

 

見守る方は、さまざまな情報をひと目でキャッチでき、異変に気づきやすいので安心。見守られる側は、設置のための準備や安否確認のための作業などがなく、カメラで監視されている感覚もないので今まで通りに暮らせます。

「トイレの回数が増えた」「部屋が暗い」「起きる時間が遅くなった」などと生活の変化があらかじめわかれば、実際に会ったり電話で話したりする際に、思いやりのあるコミュニケーションが生まれやすいのではないでしょうか。

【いまイルモ】は、見守られる高齢者に負担をかけたくないという方に好評で、ペットやお子さんの状況把握に利用されている方もいます。トイレの管理や徘徊検知などを複数のセンサーでできることから、有料老人ホームやマンションの全体管理などでも利用いただいています。

部屋のなかで目立たないように、カメラに見えないように、配線に足を引っかけることがないようにと、デザインや機能の細部にこだわった【いまイルモ】

人に優しい見守りサービスに興味がある方は、以下のリンクから公式サイトをご覧ください。

imairumo-banner

タイトルとURLをコピーしました