ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ソルクシーズで働く人々

続・セブ島日記【1】白き日に女房に愛を送るの巻

ソルクシーズで働く人々

お久しぶりでござる。
拙者『フィリピンSAMURAI』小次郎。
セブ市内に鳴り響くクラクションのむこうから、復帰を求める熱い声が聞こえたので戻って参った。

※復帰前の「セブ島日記」はこちらでござる>>

 

復活第一弾は洋菓子店を紹介するぞ。
いわゆるスイーツというやつだな。

フィリピンにもケーキはたくさんあるのだが、今まで馳走になったものはチョコをそのまま圧縮したようなチョコレートケーキや、日本の食べ物には見られない色のものなど、拙者の口には少しあわず…。

日本のケーキが食したい!!

そんな欲求に応えるお店があると聞いたので、ホワイトデーに女房を連れて行って参った。
昭和25年に岐阜県で創業した日本の菓子店が運営しておるそうだ。

JY Square Mallのそばということでタクシーにて社宅(※1)から10分ほど移動。代金は80PHP(219円※2)。

※1 セブ市の中心にあるAyala Center付近。
※2 1円=約0.36フィリピンペソで算出。以降も同様。

001_JY Square Mall
JY Square Mall。

タクシーを降りたところですぐに複数のバイカーから「Top’sにいくんだろ?乗せてくぜ」と声をかけられる。
トップスとは山頂展望台のことらしく、観光客を連れて行って稼いでおるようだ。
別の機会にご紹介したいでござるな。

002_看板
バイカー達をSAMURAIスマイルでかわし、JY Square Mallを背にして北を向くと左側にFUJINOYAという赤い印をあしらった看板が見えて来る。

100メートルほど進むと……

003_FUJINOYA外観1

004_FUJINOYA外観2
FUJINOYA!!

とても綺麗な外観にスイーツSAMURAIも興奮しまくり、やたらと外観の写真を撮ってしまったでござる。

005_メニュー
メニュー。価格帯は200PHP(550円)前後。<クリックで拡大>

事前に知ってはおったのだが、ケーキより和食のメニューに興奮してしまい、カツ丼ときしめん焼きそばを注文。
電子札を渡され、できあがりを待つ。
006_注文札

カツ丼! 170PHP (464円)
焼きそば! 198PHP (541円)
アイスティー! 90PHP (246円)
青りんごスムージー! 150PHP (409円)
007_和食
カツがサクサクしておって美味しかったでござる。
焼きそばも美味。

そしてお目当てのケーキ。
008_ケーキ売り場

ひと切れ170PHP (464円)からでござる。

女房はショートケーキを。
009_ショートケーキ

拙者はハイカラなティラミスを食した。
010_ティラミス

甘すぎずちょうどいい具合で日本が懐かしくなったでござる。
女房も「しつこくなくておいしい!」とか「またきたい!!」と、とても喜んでくれたぞ。拙者の愛も届いたようでひと安心でござった。

お財布が許せば、また来て他の種類も食してみたいものだ。

では、see you next time!

【参考】お店のFacebookはこちら>>

 

小次郎がフィリピンで働くようになったきっかけはコチラ
フィリピンに開発拠点を

タイトルとURLをコピーしました