ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ソルクシーズで働く人々

セブ島日記【10】いつか買いたい高級マンションの巻

ソルクシーズで働く人々

元気にしておるか?

最終回はセブの建設ラッシュについてでござる。

わが戦略部門隊長 J の記事にもあるが、ASEANは世界の企業から注目されていて、セブは屈指のIT-BPO(※)先である。
英語が堪能で人件費が比較的安いというのが理由の一つだろう。

※ITビジネス・プロセス・アウトソーシング(IT-Business Process Outsourcing)。
コールセンターやプログラミングなどの外部委託のこと。

そういった外国企業の進出に合わせるように大規模な建設が市内のあちこちで行われておるぞ。

奉公先そばの建設現場
ご奉公先のすぐそば。
ビルの建設が三つ進行中。

社宅からの風景
社宅からみえるところでも3箇所で建設が行われているぞ。

マンションの建設現場
ビジネス目的以外にもマンションの建設もあちこちで実施されている。
マンションの建設現場には魅力的なキャッチコピーや写真が貼られているぞ。

マンション模型
ショッピングモールに行けば必ずこういった模型が飾られていて販売が行われている。
日本人はお金があると思われるのか、声をかけられるぞ。
しかし、決して安くはない(※)ので拙者にはまだまだ買えそうにない…。

※中心地のコンドミニアムでワンルームタイプが280万PHP(約730万円)
1円=約0.38フィリピンペソで算出。

おまけ
工事現場の注意書き
工事現場の注意書き。
左側の服装がボロすぎるな…。
サンダルはいいにしてもTシャツに穴が開いておる…。
床屋にも行った方が良いな…。

-----
さて、これまで全10回。
SAMURAI口調も落ち着かぬ中で100を超える「いいね!」をいただき、拙者も少し成長できた気がするぞ。
引き続き全身全霊でご奉公をして、立派なSAMURAIになって帰ってくるでござる。

小次郎近影
また会える日を楽しみにしておるぞ!
これにて御免!!

See you next time!!

 

小次郎がフィリピンで働くようになったきっかけはコチラ
フィリピンに開発拠点を

タイトルとURLをコピーしました