ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ITトレンドレポート

ニーズ急増!システムエンジニアの地方暮らし最新事情【後編】

ITトレンドレポート

前編】でお伝えしたように、新型コロナウイルスの感染拡大以降、テレワークを活用しながら地方に移住して働きたいというシステムエンジニアが増えています。真剣に考え始めている人は、地方移住のメリット・デメリットを整理しておいたほうがいいでしょう。

地方移住のメリットとしてまず挙げられるのは、通勤ラッシュや人気スポットの混雑などによるストレスから解放されること。コロナウイルスの感染拡大が収束すれば、以前ほどではなくても、ターミナル駅には人の波が戻ってくるはずです。

子どもがいる人にとっては、親子の遊び場が増えたり、自然を身近に感じられたり、アウトドアを楽しめたりと地方ならではのライフスタイルも魅力的です。地元への移住であれば、住み慣れた環境で暮らすことができ、帰省のたびに渋滞に巻き込まれる心配もありません。

首都圏や関西圏の都市部と比べると、家賃や駐車場などが安いのもメリットです。生活のための費用を抑えられるため、浮いたお金を趣味に使うなど、豊かな暮らしを実現しやすくなります。

ただし、東京の企業のテレワークも地元企業勤務も、求人の選択肢は東京に比べて狭いのも事実。希望の仕事が見つからず途方に暮れてしまうことのないように、どんな仕事があるのか、どんなキャリアをめざすのかを明確にしておく必要があります。

加えて交通の利便性や医療機関、行政サービスなどの充実度も都市部に劣る可能性があります。移動は車が基本となる地域もあり、ライフスタイルの変化を不便に感じることもあるかもしれません。そのほか、「余暇の過ごし方のバリエーションが少ない」「人脈を広げにくい」といったデメリットも考えられます。

地方移住を検討する場合には、これらの懸念点を考慮したうえで判断しましょう。

そのうえで、最重要ポイントとなるのが会社、仕事、働き方です。システムエンジニアが地方に移住する場合、地元企業か本社が東京にある会社の支社でフルリモート勤務かを選ばなくてはなりません。それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

地方の企業では、東京の企業と比べてキャリアアップがしにくいイメージがあるかもしれません。しかし中小規模の会社が多いため、むしろ裁量権の大きい仕事をまかされる可能性もあります。キャリアステップが明確であれば、早いうちにさまざまな経験を積むチャンスをメリットにすることができます。地方創生などのプロジェクトに関わり、社会貢献できれば、やりがいも大きいでしょう。

とはいえ、IT関連の仕事の多くは都市部の企業に集中しており、地方ではこれまでと同じ職種・待遇の仕事は見つからない可能性もあります。

地方に開発拠点を構えてシステムエンジニアを採用する会社も増えてはいるものの、まだまだ少数派。転職の際に、仕事内容や待遇について妥協したという話もよく聞ききます。

東京に本社がある企業の支社でフルリモート勤務する最大のメリットは、「給与は東京水準、生活費は地方水準」を実現できること。地方と比べると東京の企業は平均的に給与が高い傾向にあります。従来と同等の給与が実現すれば、可処分所得は相当増えるはずです。

ただしテレワークを導入している企業であっても、週1回など定期的な出社を義務づけているケースは少なくありません。その場合には居住エリアがかなり限定されてしまい、長距離移動がストレスになる可能性があります。

このように、一長一短の地方移住。「自然に囲まれて悠々自適に暮らす穏やかな生活」を得るためには、さまざまな視点でリスクを押さえておく必要があります。さらにもうひとつ、もしかして最大の難関は、「家族の承諾」…!?

タイトルとURLをコピーしました