ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ソルクシーズの製品・サービス

利用者に聞いた「高齢者見守り支援サービス『いまイルモ』の魅力」

ソルクシーズの製品・サービス

親がひとり暮らしになった、病気をしてから元気がないので心配…
大切な家族の安否が気になり、見守りサービスの利用を検討している方が増えているようです。

ソルクシーズの「いまイルモ」は、多機能センサーでリビングや寝室の状況や在室確認ができる高齢者見守り支援システム。電話やメールを使ったサービスと違って、見守られる側の対応を必要とせず、カメラのように監視されている感覚がないのが好評です。
いまイルモ

実際に利用した方々に聞くと、「離れて暮らしていても、部屋の気温や湿度、明るさなどの状況が手軽にわかるのが安心」「生活している人のプライバシーが守られるのがいい」という声が数多く集まっています。

毎日、スマホで親御さんの部屋の室温や状態をチェックするのが習慣になっている方も多いようで、こんな声もいただきました。

事故などのトラブルもなく、91歳までひとり暮らしが続けられたのは、『いまイルモ』のおかげだと感謝しております。親に電話するときも、『いまイルモ』を見て最近の状況を確認してからするようになりました。非常に助かりました

見守りサービスを導入する際に、多くの方が気にするのは、最初の手間と、センサー機器が生活の妨げになるのではないかということ。「いまイルモ」は、導入時に大規模な工事などを必要とせず、インターネットさえ使えればスムーズに始められます(インターネットがなくても、モバイル通信版を利用可能)。

部屋に取り付けた機器が目立つものではなく、見守られる側にもストレスがなかったので助かりました

部屋の環境を遠隔地からモニターできるので、とにかく安心できます

監視カメラではないので、プライバシーが守られた状態で見守ることができたのがよかったです

スマホ画面がわかりやすく、操作も簡単で気に入っています
いまイルモ スマホ画面
寝室にいる時間が急に増えたことから病気であることが早期に把握できたり、室温の情報から、冬なのに暖房を使っていないことがわかり、高血圧に対応できたといった声もあります。

安心感を手軽に得ることができる高齢者見守りシステム「いまイルモ」。興味がある方は、公式サイト をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました