ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

はばたけソルクシーズグループ

設備や機械の「賞味期限」がわかる!イー・アイ・ソルのIIoT予知保全サービス

はばたけソルクシーズグループ

予知保全サービス」、耳慣れない言葉ですが、株式会社ソルクシーズの子会社イー・アイ・ソルが2018年7月にリリースしたIIoT※ を活用した画期的なソリューションです。※IIoT(Industrial Internet of Things)「産業分野におけるIoT」。

計測機器メーカーの日本ナショナルインスツルメンツが提供する制御・監視システム「CompactRIO」と組込ソリューションを組み合わせたサービスで、工場の生産設備や工作機械の予防保守や劣化診断、故障予測をしたり、人間が感覚的に判断している試験の自動化・標準化を推進したりする仕組みを構築します。

pixta_34361416_S

「IoTシステムを構築せよという話があったものの、何から着手していいかわからない」「設備の予防保守や故障予測をしたいのだけど、どんなシステムが最適なのかわからない」「熟練した作業員のノウハウや、人を介して行っている検査などを自動化したい」「計測データの活用法がわからない」「計測~改善のPDCAサイクルを形にできない」。

企業が抱えているさまざまな課題に対して、音や振動、消費電力などの計測ノウハウがあるイー・アイ・ソルならではのアプローチで、最適なシステムを作り上げるのが「IIoT予知保全サービス」です。

コンセプトは、「まずは計測から」「専門業者と進める」。多くの企業で、上司にまかせられた担当者がひとりで悩んでいたり、システム構築の方法がわからないまま「予算がない」と諦めていたりします。

イー・アイ・ソルのサービスでは、目的に応じて計測すべき項目を洗い出し、小規模なデータ取得を実施。顧客とともにデータを確認・分析した後、システムに必要な要素を定義し、計測システムと組込システムの構築を推進します。

1社ですべてのシステムを創り上げるのは難しい」「いきなり大規模なシステムを開発しようとすると、検討事項が膨大になり、結局遅くなってしまう」。自社で完結させることにこだわらず、必要な機能ごとにスペシャリストをアサインするのは、そのほうがムダなく質の高いシステムを構築できる可能性が高いと考えているからです。

P1090940_edit

トンネル工事における安全対策と省エネを実現するシステムの構築では、作業者の位置を把握し、消費電力監視や環境計測を実施することで、坑内ファンの自動制御や各種データの見える化などの仕組みを実現。プログラムコードの再利用が可能な技術を活用し、3ヵ月でシステム構築を完了させ、機器の消費電力量を40%削減するという成果を出しています。

計測システム、AI導入、サーバー、見える化ソフトまでトータルに提案し、目的に対して最適なシステムを構築する「IIoT予知保全サービス」。

IoTを活用した状態監視システム構築について興味のある方は、イー・アイ・ソルのサイトにて詳しくご案内しています。ぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました