ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ソルクシーズで働く人々

セブ島日記【1】セブの玄関口

ソルクシーズで働く人々

■セブ島からお届けします!

「セブ島日記」は、「弊社フィリピンラボ」に単身赴任した
SAMURAI小次郎がスマホ片手に、現地の様子を
写真とコメントでご紹介するコーナーです。

----------

1回目ということで、赴任先セブの玄関口
マクタン・セブ国際空港」からスタートです。

マクタン・セブ国際空港はフィリピン第二の国際空港で、
年間300万人以上が利用するそうです。

・国際便の玄関(真ん中にあるのが免税店です。ここだけピカピカ)
セブ島日記001-01

・国際便の玄関2(建物の古さが際立ってますね)
セブ島日記001-02

 

そんな重要な空港ですが、かなり古くなっていてさみしいなあといった印象。

たまたま私が訪れたときは韓国の仁川への便が出発前で、韓国語と英語が飛び交っていました。
韓国の便はたくさん飛んでいるので、韓国語のアナウンスがあるみたいです。
韓国の方々は英語がわからなくても安心ですね。

・到着口の出口(税関を抜けたらすぐ外に放り出されます)
セブ島日記001-03

・空港の向かいのウォーターフロントホテルです(泊まってみたい!)
セブ島日記001-04

 

日本とのビジネスがもっと盛んになれば、
日本語のアナウンスも聞けるようになるかなと思いました。

では、See you next time!

 

小次郎がフィリピンで働くようになったきっかけはコチラ
フィリピンに開発拠点を

タイトルとURLをコピーしました