ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ソルクシーズで働く人々

セブ島日記【6】地元発、洒落着ブランドの巻

ソルクシーズで働く人々

今回は若人に人気のフィリピン産ファストファッションでござる。

妻を日本においてきておる身の上、
好き勝手に銭をつかえぬゆえ、高い服は買えぬ。
それでも洒落た服は着たい、
と思っている拙者は助かっておるぞ。

現地の生活水準で考えれば、安いということは決してないが…。

奉公先のそばのモールにある2店を紹介するぞ。

・PENSHOPPE(ペンショップ)
PENSHOPPE
1986年にセブ島で創業した老舗
以来徐々に大きくなって国内では300店舗を超える、
フィリピンの小売を引っ張る存在でござるよ。
ドバイにも出店していて、
2012年にはあのワン・ダイレクション※とも契約したそうな。
※イギリスの音楽グループ

・BENCH/(ベンチ)
BENCH/
1987年に町の小さなTシャツ屋から始めて
今では婦人物や下着、装飾品や香水まで揃えておるぞ。
中国や米国にも展開しているそうだ。

拙者の好みでBENCH/を訪ねたでござる。

・お店の外観
BENCH/-2

・外のショーウインドーを違う角度から
BENCH/店内1
ジーンズを紐でぶら下げていたり洒落乙でござるな。

・男性物売り場
男性もの売り場
シャツは699PHP(約1800円)※くらいから。
※ 1円=約0.38フィリピンペソで算出。以降も同様。
柄物が中心でござるな。

・うつろな瞳のマネキン
うつろな瞳のマネキン
ボタンは上まで留める!
ポロシャツは499PHP(約1300円)
パーカーは699PHP(約1800円)。

・最後に下着コーナー
下着コーナー
男性ものは199PHP(約515円)から
腰のゴムが金色であったりなかなか歌舞いておる。

婦人物が写り込んでおるが、値段はわからぬ。
SAMURAIがブラジャーを手にとるわけにはいかんのでな。

ファストファッションといえども
日本のUNIQLOのように老若男女が買いに来るというよりは、
完全に若者の店でござるな。

オンラインストアもあるので興味があれば是非見てみると良いぞ
日本には配達してくれぬが!

では、see you next time!

 

小次郎がフィリピンで働くようになったきっかけはコチラ
フィリピンに開発拠点を

タイトルとURLをコピーしました