DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

はばたけソルクシーズグループ

エクスモーションの「Eureka Box」がリリースした「新人向けソフトウェア開発クエスト」ってナニ?

はばたけソルクシーズグループ

技術革新が進む自動車業界を中心として、現在さまざまな領域で急激にニーズが高まっているソフトウェア開発スキル。多くの企業でソフトウェアの内製化が推進されるなかで、技術者やマネージャーが圧倒的に不足しています。

これを受けて2024年4月、株式会社エクスモーションが運営するオンライン学習プラットフォーム「Eureka Box(ユーリカボックス)」は、「新人向けソフトウェア開発クエスト」の体験版をリリースしました。

5月下旬に正式版をリリースしたこのサービスは、新人エンジニアが楽しみながらソフトウェア開発を学習できるさまざまな工夫が凝らされています。

今回は人材育成をサポートする「Eureka Box」の特徴を解説しつつ、新サービスの概要と魅力を紹介。ソフトウェア開発組織における戦略的な人材育成を実現したいとお考えの方は、ぜひご一読ください。

「Eureka Box」はプログラミングだけでなく、要求定義・設計スキルなど、ソフトウェア開発の上流工程に必要な技術・知識・実践的なノウハウをオンラインで学習できるプラットフォームです。

サービスを運営するエクスモーションはコンサルティング会社として、これまでに数々の組込みソフトウェアの開発現場を支援してきました。Eureka Boxのコンテンツには、エクスモーションのコンサルタントとエンジニアが現場で実践・蓄積してきたナレッジを、誰でも活用できるようにわかりやすくまとめています。

ソフトウェア開発の基礎を学習できるのはもちろん、現場ですぐに使える技術もカバー。学んだことをすぐにプロジェクトで応用できます。

さらに、実務レベルの事例を集約したリファレンス系コンテンツや、業務での活用が可能なツール系コンテンツ、コンサルタントによるサポートも充実しており、現場で生じた困りごとを解決できるのも大きな魅力です。

しかし従来のEureka Boxは、あくまでも独学できる人向けのコンテンツが中心で、新人エンジニアをはじめとする初学者には「これだけでは足りない」という課題認識がありました。

そんななかで、Eureka Boxのコースのひとつとして新たにリリースされるのが「新人向けソフトウェア開発クエスト」。このサービスでは、ロールプレイングゲームを楽しむように、システム設計・ソフトウェア設計技術を学習できます。

学習者は冒険者となり、さまざまなステージにチャレンジ。各ステージで学習や演習を繰り返しながら、ソフトウェアの開発業務に必要な技術を実体験することができます。

人材育成や研修の担当者が抱える悩みのひとつは、学習コンテンツを導入した後の受講促進でしょう。インセンティブがないとモチベーションが高まらない新人や未経験者が、ゲーム感覚で楽しみながら基礎力を高められるのが、新サービスの最大の魅力です。

5月下旬に正式版をリリースしたこのサービスは、無料でご利用いただける体験版もご用意しています。Eureka Boxで無料会員登録のうえ、お試しください。

※2024/7/31まで
<Eureka Box『新人向けソフトウェア開発クエスト』リリース 人材育成支援キャンペーン>
を実施しています。

タイトルとURLをコピーしました