ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

はばたけソルクシーズグループ

騒音調査に画期的手法「音の見える化」

はばたけソルクシーズグループ

騒音や振動音、不快な音をなくしたいと考え、従来からある騒音測定機を使っても、実は問題は解決しません。騒音測定器は、音の大きさや質はわかっても、それがどこで発生しているかまでは教えてくれないからです。

音を音として捉えている限り、どこからその音が発生しているかはわからない。わからなければ、根本的な解決はできない。

この問題に答えを出したのが、EISOL(イー・アイ・ソル)のリアルタイム音源可視化/音源探索装置です。
音の見える化
平たくいえば、「音の見える化」。音の大きさを、画面上に色で表現し、どこからどのくらいの音が出ているのかがひと目でわかるようになるのです。

実際の動画の上に、音の色データを重ね合わせるので、「どこから音が出ているのか」がより簡単に確認できます。

今まで、多くの時間と労力をかけても、低い精度でしか把握できなかった音の発生場所の特定が瞬時にできるようになり、質の高い解析を実現したリアルタイム音源可視化装置。

圧倒的に速い処理スピードが評価されており、高価なパッケージが主流だった従来の製品と比べて、
かかるコストは1/4以下。

この仕組みがすごいのは、業界で初めて、25fpsの高速処理を実現したところ。

これによって、騒音や異音をリアルタイムで可視化できるようになり、今までは不可能とされていた突発音や移動音、変化する音まで音源が特定できるようになりました。

騒音や振動対策がより求められている自動車業界、精密機器業界、さらには、マンション業界などからも注目されています。

「詳細を知りたい」という方は、こちらのページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました