ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

編集長日記

「システムエンジニアは結婚相手として最強説」令和版【後編】

編集長日記

オタクイメージも今は昔、最近はすっかり人気職業となったシステムエンジニア。マジメな人と思われやすく、冷静かつ知的かつロジカルなイメージもあり、結婚相手として最強となった感があります。

以前はゲームクリエイターなどと同じくくりで、メガネ、チェックのシャツ、徹夜明けの無精ひげ、パソコン、無口といった印象をかぶせられていた仕事ですが、最近の若いシステムエンジニアは清潔感が漂っています。

IT業界が成長するにつれて、女性の技術者も増えました。「2019年版情報サービス産業基本統計調査」によると、ITエンジニアのうち、20%が女性だそうです。

さて、彼女たちも結婚相手として最強なのでしょうか。以前に、IT業界は女性の未婚率が高いといわれていた時代がありました。しかし今は、産休・育休・時短勤務などの制度の定着、働き方改革に伴う長時間労働の是正、家事・育児の分担の浸透などが進み、結婚してからもシステムエンジニアとして働く女性が増えています。

「手に職をつけて長く働きたい」と考えると、どうしても仕事と技術習得に時間を取られるため、「出会いがない」という嘆きの声をよく聞きます。しかし一方で、男性比率が高いIT業界は、職場結婚する女性も多い業界でもあります。

SE夫婦となると、女性のシステムエンジニアは最強でしょう。仕事や職場環境に対する理解があり、「ロジカルに考えて答えを導き出す」「効率がいい方法を考える」といった習慣が身についています。ソルクシーズもSE夫婦が多く、話を聞いてみるとこんな声がありました。

システムエンジニアの夫は察しない・裏読みをしない。タスクを明確にするとソリューションを考えてくれるとわかれば、コミュニケーションのストレスを感じなくてすむ
サプライズや気の利いたプレゼントはできない。ほしいものはAmazonのwishリストに入れておくと手に入る(笑)
“しょうゆ買ってきて”とだけいわれると、買えないらしい。メーカーや求めるスペックをはっきりさせると自分なりに比較・検討して買ってくる

要件を明確にすると、いいみたいですね…。これをよしとしてくれる人は、男性のシステムエンジニアにとって最強でしょう。

まだまだ「出会いがない」という女性エンジニアが多いので、この場を借りて、声を大にしていおうと思います。

仕事も家庭も大事にしたい男性のみなさん。納期意識が高く、効率を考え、ロジカルに話せば趣旨を受け取って会話ができ、忙しい仕事であることも理解してくれる女性のエンジニアは、人生というプロジェクトチームのパートナーとして素晴らしいと思いませんか?

タイトルとURLをコピーしました