ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ITトレンドレポート

デジタルトランスフォーメーション2021②人材ニーズ最新事情

ITトレンドレポート

デジタルトランスフォーメーション(DX)の最新事情を紹介する2回シリーズ。後編では、多くの企業に求められている「DX人材」のニーズについて解説をします。

前編でお伝えしたように、ここ数年でデジタルトランスフォーメーションのニーズが急速に高まっています。業務効率化、サービスの利益率改善、コスト削減などの課題を抱える企業が多く、ビジネスモデルやサプライチェーンに変革をもたらすためにはDXの導入が必須といわれています。

企業がDXを進めていくためには、デジタル関連の技術・知見をベースにイノベーションを起こすDX人材が欠かせません。

2018年の経済産業省のレポートによると、一定水準以上のITリテラシーをもつ人材が22万人ほど不足しています。現在も少子高齢化が進んでおり、2030年には約79万人もの人材不足が生じると試算されました。

採用難という課題を抱えるなかで、生産性を高めるためにはDXの導入が急務となっているのに、専門人材がおらずなかなか進まない…そんな悪循環に陥る企業が増えているようです。DXを推進していくための人材ニーズは、今後も高まっていくでしょう。

さて、DX人材に求められるスキル・マインドには、どのようなものがあるのでしょうか。業種によって細かい違いはあるものの、DX人材に共通して必要なのは、高度なデジタルリテラシーです。

システムやWebに関する基礎的な知識はもちろん、IoT、AI、ブロックチェーン、セキュリティなどの専門領域について最新かつ広範囲な知識・技術が求められます。サービスを通じて得た定量・定性のデータの分析手法や活用ノウハウに長けたデータサイエンティストも需要が高い仕事です。

さらにDX人材に必要なのは、IT関連の知識・スキルをベースにビジネスを設計・構築するための経営的な視点です。必要となる変革は業界・企業・組織によって異なるため、制約条件をふまえた柔軟な対応も求められます。

加えて、社内外の多くの人々を巻き込むコミュニケーション力や、納期・予算・人員を考慮してプロジェクトを進めていくマネジメントスキルも必要です。新しいビジネスモデルを創出するとなれば、マーケティングの視点や、事実をベースに合理的に答えを導き出す力も求められるでしょう。

もちろんこれらの能力・マインドは一朝一夕に身に付くわけではなく、多くは経験を通じて学んでいくことになります。DX人材をめざすなら、将来を見据えて必要な知識・技術を明確にして、自覚的にキャリアを選ぶ必要があります。

ソルクシーズも、デジタルトランスフォーメーションに携わるシステムエンジニアを積極的に採用しています。金融業界や通信業界などのシステム開発経験を活かして新たなサービスを構築したい方、DX人材としてキャリアを築きたい方は、ぜひキャリア採用サイトをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました