DXで日本のビジネスをサポート|ソルクシーズ公認ブログ

#見守り

「Kebbi Air×いまイルモ」で実現する世界

ソルクシーズが提供する見守り支援システム「いまイルモ」がコミュニケーションロボット「Kebbi Air」と連携。2022年春から、介護施設の新たな見守りシステムとしての実証実験をスタートしました。それぞれの概要に加え、2つのサービスの合体によって実現した新たなサービスの概要についてご紹介します。

介護DXの現状と「いまイルモ」が果たす役割

少子化による労働人口減少や経営状況の悪化によって近年人手不足が深刻化しつつある介護業界。そんな介護サービスの業務効率化やサービス品質改善に一役買う「いまイルモ」の役割について詳しくご紹介します。

スタートから9年め。「いまイルモ」のセンサー&サービス進化論【後編】

高齢者見守り支援システム「いまイルモ」は、2013年のリリースから発展を続けています。昨秋には、居宅介護サービスの見守りサポート機能として採用され、元気な高齢者の暮らしのトラブルを事業者に伝えています。いまイルモの変遷に触れた前編に続き、後編では今後の可能性を展望してみました。

スタートから9年め。「いまイルモ」のセンサー&サービス進化論【前編】

ソルクシーズが提供する高齢者見守り支援システム「いまイルモ」。2013年のリリースから、高齢者だけでなく、子どもの安全を確認ツールへの発展などターゲットの拡大を図ってきました。コロナ禍でのニーズの変化をうけての対応も含め、いまイルモの変遷とこれからの展望を前後編に渡ってお伝えします。

ソルクシーズの歴史発見②「ネーミング史」

ソルクシーズの足跡を多様なテーマから紹介する歴史発見シリーズ。前回のロボット史に続き、なるほど感満載の「ネーミング史」をお届けします。過去の商品・サービスの秀逸なネーミング、こめられた思いを振り返ってみましょう!

新感覚見守りサービス「サブスクYUMICO」にいまイルモが採用!

地域密着型の小規模多機能型居宅介護事業の新しい見守りサービスに、ソルクシーズの「いまイルモ」が採用されました。高齢者介護の実状とIoTを活用したサービスの全貌、今後の展開を解説します。

アフターコロナとソルクシーズ③ いまイルモの未来

コロナ感染拡大の影響で帰省がしづらくなりました。「離れて暮らす大事な人を、安心して見守れるサービス」いまイルモは需要が急増し、契約数は2倍以上に!自社商品の果たす役割を実感しているという「いまイルモ」担当者の話を聞きました。

「離れて暮らす」をより安心に。アフターコロナとともに考える「いまイルモ」の未来。

帰省がしづらい昨今、離れて暮らす家族のことが気になります。高齢者の暮らしを緩やかに見守るサービスとしてスタートした「いまイルモ」は、多目的・多機能に進化。シンプルで使いやすい特長はそのままに、活躍の場所を拡大しています。

いまイルモを新たに導入!「ジョイステージ八王子」の高齢者見守りシステム

使いやすさと導入しやすさが魅力の高齢者見守りシステム「いまイルモ」。離れて暮らす父母の生活を気にかける人だけでなく、高齢者住宅や老人ホーム、病院などの見守りシステムとしても採用されている理由に注目です!

広がり続ける高齢者見守りニーズ 新人営業に聞く”いまイルモ”の魅力

いまイルモの部品を扱う取引先企業からソルクシーズに転職したMさん。売る立場になってわかった高齢者向け見守り支援システム「いまイルモ」の魅力や、営業時のエピソード、「安心を届けたい」と意気込む思いを語っていただきました!
タイトルとURLをコピーしました