ソルクシーズ公認ブログ|ITエンジニアの仕事とキャリア紹介

ITエンジニアのお仕事&キャリア

“Hi” or “Hello” ビジネスメールでも使える挨拶

ITエンジニアのお仕事&キャリア

※この記事は、ニュージーランド留学経験を持ち、フィリピン支社の現地スタッフと仕事をしていた社員が現地で使っていた英語を紹介する記事を、編集部が再編集したものです。

英語のあいさつ

日本語だと「お世話になっております。」で始まるビジネスメール。英語だとどう書くのでしょう…?

ニュージーランド留学経験を持つ私が、フィリピン支社の現地スタッフと仕事をする中で実際に使っている英語を紹介いたします。

 

メールの書き出し

さて、実際に今までもらったメールを見てみると…
Hi,
Hi Mr. (あるいはMs.)名前,
Hello,
Hi To All
Good day!
このような挨拶での始まりが多いです。

Hi To All” は「みなさんこんにちは」という意味ですね。
受取人が複数いる場合に使えます。

“Good day!” はニュージーランド留学中には一度も聞いたことがありませんでした。
「こんにちは」という意味なのですが、辞書によると
今では古風で使われなくなってきているとのこと。

フィリピンでは使うのかな~?と疑問に思い、フィリピンの現地スタッフに聞いてみると、

「丁寧に何か物事を伝えたいときに文書で使うことが多いよ~。
たとえば先生に手紙を書くとかね。だから日常会話じゃあまり聞かないかもね。」

と教えてもらいました!
なるほど。

abby_mail_01_03
日本語の挨拶は「いつも大変お世話になっております。」としっかりしていますが、英語ではシンプルにHello, あるいはもうすこし丁寧にGood day! これでOKです。

フィリピンの英語事情

フィリピンは、米国 GlobalEnglish 社の調査では、ビジネス英語指数がもっとも高い(つまり世界でもっともビジネス英語能力が高い)というデータもあるくらい、英語力には定評があるんです。

タイトルとURLをコピーしました